So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ありがとうモンちゃん&ラブラドール16歳~最後の戦い序章~ [犬~ラブラドールレトリバー~]

;ω;´)阿波で御座います

 

8月31日

14時19分

私達家族3人が見守る中

モンちゃんが天国に召されました

最後は眠るように逝きました

 

前回日記に多くの方から励ましのコメントを頂きまして 

ホント挫けそうな心に

(*゚Д゚)/【渇!】を入れて頂きました

有難う御座います

何とか 使命を果たせた気がします

 

モンちゃん 

お盆を乗り切り 

散歩コースを完全に走破出来るまで 

回復してたんです

おぼつかない足取りではありましたが

少々補助してあげるだけで

かなりハードなお散歩コースを

走破してたんですよ!

なのに・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

今も気を抜くと涙が・・・

 

住人筆頭のモンちゃんの事を9月中書いちゃうかもしれません

今 何か考えると そのことばっかりの私の頭

でも 老犬を飼う上で!

ラブラドールという犬種独特の注意点等 

見えてきた事が・・・

これから老犬介護を迎える方へ

メッセージを伝えたい!と

まだ 頭はボーっとしてるのですが

少しずつ書いて行きたいと思います

興味の無い方 お許し下さい・・・

 

~序章~

 

では 何が起こったか?

その日は突然やってきました

 

 

事の起こりは8月25日AM11時頃

その日午後から休みが取れそうな私が

嫁に「モンローの後ろ足補助用ベルト」を

買ってから帰宅するか?

一緒に買いに行くか?

TELした時の事

嫁が何気に

「まあ早く帰ってきてよ」

と言うので 急いで家に帰りついた時!

事件は起こりました

家に着き 玄関のドアを開けますと

中から嫁の悲鳴にも似た声が!

「モンちゃんが~!」

 

慌てて声のする方に駆けつけると

ソコには全身痙攣してるモンちゃんが!

慌てて抱きしめて耳元で

(;゚Д゚)「モンロー!」

と呼びかけると 

30秒ほどで痙攣は治まりました

治まってから嫁にどうしてたのかを聞くと

 

嫁がモンちゃん便意を感じとり

外で用を足さそうとしてると

何だか違和感が・・・・

 

で すぐさま部屋に入れて寝かしつけようとした時

痙攣が始まったようです

そこにタマタマ私が帰ってきた・・と

 

泣きまくる嫁に 私が

「ひょっとして頻発したら最後かもしれん」

泣く嫁!

「2回は偶然にあるから3回目があったら先生に電話しよ」

と・・・

そうすると 1時間後にもう一度発作が・・・

2回目は 偶然!偶然!

もし3度目があったら・・・・

イヤ あるわけない!

祈るような気持ちで 3時間経過した時に

3度目の発作が・・・

この時 私の中に

とうとう最後の時が・・・・

と覚悟にも似た気持ちが・・・

 

主治医の先生に 事の経緯を伝えると

「もう 今日明日がヤマです 出来れば傍に居てあげてください」と

先生に 「どうにか 助ける方法は無いのか?」と尋ねた所

「酸素室で入院という手は御宅の場合お嫌でしょう」・・・お嫌です!

「注射という手も有るには有るのですが心臓が止まる恐れが」・・・ゼッタイやらせません!

「ですから ご自宅で見取ってあげて下さい」と・・・

「でも・・・どうにか!」と詰め寄る私に先生が

「私の中でもモンちゃんは別格に大切にされてるのが伝わるし

ラブラドールという犬種の中で16歳という数字はすごい事なんです

阿波さん家で飼われた事を幸福に思ってるはずです

でも もうモンちゃんの内臓は限界を向かえ完全に老衰の状態です

もう医療でどうにかする事はありません

ご家族で 看取ってあげて下さい」と・・・・

流石にひつこい 私も もう言葉が出ませんでした

電話を切って嫁にこの事を伝えると

更に号泣 

「どうにかしてよ!」

と駄々を・・・

ここで私

「ここからが 飼い主の最後の腕の見せ所やで」

と 嫁を落ち着かせまして

最後の戦いが 始まりました!

序章.jpg

発作が落ち着いてる時のモンちゃん

この時はまだ穏やかな表情だったんですね・・・・

 

 

 

 

 

これが あれば・・・もっと散歩に・・・


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 12

しらちん

言葉ではとても言い尽くせませんが、モンちゃんお疲れさまでした。
阿波さんご家族が飼い主としての務めを果たされたように、きっとモンちゃんも勤めを終えて旅立ったのだと思います。

心からお悔やみ申し上げます。


フクちんはじめ、ウチのわんこのこといっぱい思い出しちゃった。。。
by しらちん (2010-09-01 21:53) 

SOLOMON

心からお悔やみ申し上げます。

なんとお声かけしたら良いか分かりません。
モンちゃんもこの暑い夏を最後まで頑張ったと思います。
これからは天国から阿波さん御一家を見守ってくれるでしょう。
16歳のモンちゃん、ありがとう!
by SOLOMON (2010-09-01 23:30) 

Johnny

大変残念です・・・。
心からお悔やみ申し上げます。
 
ご家族みんなに看取られて・・・モンちゃんも幸せな一生だったと思います。
今はただ安らかに・・・。
 
こういう時って言葉や文章で思いを吐き出してしまった方が気持ちが楽になると思います。
書いて書いて書きまくって・・・早くいつもの元気な阿波さんに戻りますように。

by Johnny (2010-09-02 00:11) 

阿波

しらちんさん

予想以上に辛いですわ~
ホント・・・あ、あかん 個人的にコメ打つと
泣きそうになる。・゚・(ノД`)・゚・。 
by 阿波 (2010-09-02 10:34) 

阿波

SOLOMONさん

心に穴がというより
えぐられました^^;

コメント有難う御座います
駄目だ涙が・・・
by 阿波 (2010-09-02 10:37) 

阿波

johnnyさん

吐き出し口が要りそうです
もう心から溢れて溢れて・・・

すぐイッパイになっちゃいます

精神状態が安定するまで
暫くかかりそうです・・・
by 阿波 (2010-09-02 10:38) 

赤メタ

何とお声をかけていいのかずっと悩んでました。
なんかコメントだと気持ちをうまくお伝えする事が
出来ない気がして…

本当に残念です
でも、johnnyさんや獣医さんがおっしゃている通り
モンちゃんは幸せっだたと思います。

今は思いっきり泣いちゃって下さい。
私が昔、愛犬を亡くした時に、ある方に言われた言葉ですが
いつまでも悲しんでいると犬も悲しがって天国に行けないよって
言葉を思い出しました。

阿波さんとご家族の方がモンちゃんに、笑顔で私達も幸せだったよって
言える日が早く来る事をお祈りしています。
by 赤メタ (2010-09-02 17:43) 

ナベ

残念です・・・
でもモンちゃんはよく頑張りましたよね。
ご家族三人に看取ってもらえて本当に
幸せだったと思います。
モンちゃんが安らかに眠れるよう、阿波さんと
ご家族皆さんが早く笑顔になれるように祈っています。
by ナベ (2010-09-03 10:48) 

さかい

こんにちわ。

阿波さん、
言葉になりませんが、安らかに旅立たれた事を伺い
ほっとしました。
お辛いでしょうけど
たくさんの思い出を胸に阿波さん家族に見守られ、
幸せだった事でしょうと思います。
家族ですものね。
1人いなくなる寂しさ、
いつまでも胸に残りますね。1人いなくなる寂しさ消せないけど
いつまでも、いつまでも阿波さん家の家族ですょ。
モンちゃんは。
by さかい (2010-09-03 14:26) 

阿波

赤メタさん

いい言葉を 有難う御座います
そうですよね 天国に行けませんよね

娘の前で 娘の結婚式以外で
泣く事になるとは・・・
一生の不覚で御座います
今は仕事を無理にでも入れて
忘れようとしてますが
案外 忘れるというのは難しい事ですね

ホント コメント 感謝です
by 阿波 (2010-09-03 18:18) 

阿波

ナベさん

ホント安らかに 逝かせる事が出来たのは
ホント よかったと・・・
私 邪まな考えが浮かんだ事もありまして
追々 ブログで懺悔したいと思います

時間が傷を直してくれる事を信じております

コメント ホント 感謝です 
いい傷薬になってます


by 阿波 (2010-09-03 18:21) 

阿波

さかいさん

ホント 奇跡的に 安らかな最後でお見送り出来ました
沢山の思い出が 死んだ後 津波となって
傷口に染み込んできます・・・
犬とはペットであって ホント家族なんですね
生活習慣の中に有ったモンローの時間に
反応してしまう私 忘れるのには時間が掛かりそうです

ホント こんなコメント書きにくい記事に
コメントして頂いて 感謝です
心強いです
by 阿波 (2010-09-03 18:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。